専攻科 水産増殖科

 

施設        教育課程

卒業後の進路    行事等

入学検査      授業料等

 

 

専攻科水産増殖科の設立
 平成5年4月、水産業の技術革新に対応できる地域増殖後継者の育成を目指して、愛媛県立宇和島水産高等学校内に設立されました。
 
教育目標
 教科「水産」および水産増養殖産業に関して、新しい時代に対応した高度な知識・技術を習得し、総合的な理解によって自主的に問題を解決できる人間性豊かな職業人となることを目標に学習します。
 
特 色
 ○ 日本で唯一の水産増殖を学ぶ2年制の専攻科です。
 ○ 水産・海洋系以外の専門高校や普通科高校からも、愛媛県外からも入学できます。
 ○ 2年間の学費と実習費等の合計額は40万円程度です。
 ○ 2年課程の少人数制(1学年定員10名)なので、授業がよくわかります。
 ○ 養殖、魚類、海洋生物、環境等について、実技を中心に学習を行います。
 ○ 大学へ編入学することができます(編入学入試制度)。
 ○ 養殖、魚類(生物)、水産業、海洋に関わる就職ができます。

卒業後の学歴
  学歴は、「高等学校専攻科修了」となります。
 2年制専攻科の課程修了者は、人事院細則9-8-2別表第1(学歴、免許等資格区分表)二高専卒2短大卒(1)短大卒イ欄に該当するものとして、短大卒とみなされます。従って、給与上、高専卒として扱われます