専攻科漁業科機関科 期待膨らむ船員へ!

 

1 専攻科漁業科機関科とは?

本校海洋技術科を卒業後に、海技士の免許を取得して船舶職員となることを目的とした2年課程の学科です。将来は大型船舶等の船長や機関長を目指します。

※尚、授業料は県立高等学校と同等です。

 

➤ 活躍する専攻科卒業生の皆さん!

専攻科を卒業後、船舶の航海士や機関士、さらには船長や機関長となって現在、活躍されています。

   

H22卒 LPGタンカー勤務 航海士  H26卒 タグボート勤務 機関士

 

    

H25卒            H26卒        

オイルタンカー勤務航海士   オイルタンカー勤務 機関士

H21卒 オイルタンカー勤務 航海士

 

2 専攻科漁業科機関科の特長

(1)三級海技士への最短コース

本校専攻科を卒業すると、三級海技士までの乗船履歴が満たされます。このことにより、高校卒業後2年間で三級海技士を取得することができます。これは大学や商船高専と同様の資格でありながら、最短期間での取得になります。

(2)豊富な船員の求人

これまで卒業生の活躍もあり、本校へ対する船舶企業からの求人は年々増加しています。

➤ 平成30年度船員求人数

※「海洋技術科への求人数」参照

➤ 専攻科卒業生!過去3か年の就職先

船種 企業名
貨物船 東洋商船㈱、広島共同汽船㈱、住鉱物流㈱、田口汽船㈱、北星海運㈱
タンカー 朝日海運㈱、東汽船㈱、如月汽船、山本汽船㈱、興栄海運㈱、四国中央汽船、㈲四宮タンカー㈱
フェリー 宇和島運輸㈱、石崎汽船㈱、松山・小倉フェリー、四国開発フェリー㈱、瀬戸内海汽船㈱
タグボート

内海曳船㈱、神原タグマリンサービス㈱、日東タグ㈱

海洋調査船 ニッスイマリン工業㈱、日本海洋事業㈱

 

  貨物船:自動車専用船      オイルタンカー

   LPGタンカー        フェリー

   タグボート         海洋調査船

 

(3)実技を重視したえひめ丸での実習

専攻科学生は乗組員の指導の下、船舶の運航や機関の運転は勿論のこと、船体補修や海図の改正、機関整備、関係機器の保守管理などを実習として行っています。年間の航海日数は、110日程度で停泊実習やドック実習等も実施しており、就職したときにこのような実習が生きてきます。実技を重視した実習の成果が海運業界からも高い評価を受け、求人にもつながっています。

 

3 専攻科生の学習内容

(1)漁業科

航海に関する科目 航海計器、電波航法、地文航法、天文航法
運用に関する科目 操船、船体構造、整備、海上気象
法規に関する科目 海上法規、国際条約

 

※ 登録電子海図情報表示装置講習の実施

2019年度4月(令和元年度)より、「電子海図情報表示装置(ECDIS)講習」の登録を国土交通大臣から認可されました。このことにより専攻科漁業科の卒業生には修了証明書が発行されます。尚、ECDIS講習は「えひめ丸乗船実習」にて行います。

電子海図情報表示装置(えひめ丸)

 

➤ 電子海図情報表示装置(ECDIS)とは?

・画面上に電子海図、AIS(船舶自動識別装置)、ARPA(自動衝突予防援助装置)、レーダ等の情報や船位、方位、船速等の航海情報を表示し、操船者を支援するシステムです。

※ ECDISの講習を受講(修了)していない場合、ECDIS搭載船舶には航海士として乗船できません。

 

(2)機関科

船用機関に関する科目 ディーゼル機関、プロペラ軸系
電気工学に関する科目 電機、制御、補機
機関工学に関する科目 燃料油、力学・計算法
執務に関する科目 執務一般、材料工学



(3)共 通

乗船実習 三級海技士口述試験に必要な乗船履歴が付きます
海事英語 三級海技士の免許申請に必要な上級航海英語講習、上級機関英語講習になります
船舶衛生 衛生担当者として必要な「船舶衛生管理者」の資格が得られます

 

4 乗船実習の様子

【航海実習(沿岸航海、遠洋航海)】

 

【ドック実習】

 

【船舶企業訪問】

 

 

【船舶企業・船員との懇談会】

 

 

5 取得できる主な資格

ア 乗船履歴

 海技単位46単位以上、乗船履歴1年3か月以上(通常3年以上)を修得し、筆記試験合格後、三級海技士以下の口述試験が受験できます。尚、口述試験合格により、海技免許の申請ができます。

イ 登録海技免許講習

 上級航海英語講習又は上級機関英語講習の修了証明書を卒業時に発行します。三級海技士の免許を申請するときに必要となります。

ウ 登録電子海図情報表示装置講習

 電子海図情報表示装置搭載船舶にも乗船できるように、専攻科漁業科生には卒業時に修了証明書を発行します。

エ 衛生管理者適任証書

 船舶の衛生管理者に従事するための資格です。卒業時に申請し、適任証書を受領できます。

オ 救命艇手資格認定

 専攻科を卒業すると認定条件を満たすことができるので、申請することにより認定を受けることができます。フェリーや客船に就職する場合は必要になります。

※ 三級海技士を取得し、5年以上の船舶経歴を有していれば「高等学校教員免許(商船)」の資格を取得できます。

 

6 充実した就職サポート体制

本校では船員として就職するために、可能な限りの幅広いサポート体制をとっています。

・ 国土交通大臣認可による『無料の船員職業紹介事業』

・ 水産系高等学校と海運事業者との情報共有事業

・ 本校生徒(専攻科・海洋技術科)対象の船舶企業説明会

・ 各種船舶企業・団体との就職懇談会

・ 船舶企業へのインターンシップ事業