警報発表時の対応

自然災害等の対応に関する規程

 

 第1条 登校前において、南予地方に「暴風警報」または「暴風雪警報」が発令されている場合は、生徒は登校準備をして自宅で待機する。また「特別警報」が発令された場合は、情報に留意し、ただちに命を守る行動をとること。

 

2 「暴風警報」「暴風雪警報」または「特別警報」が10時までに解除された場合は、授業の準備をして安全に十分留意して登校する。

 

3 「暴風警報」「暴風雪警報」または「特別警報」が10時までに解除されない場合は、自宅で学習する。

 

4 長期休業中及び土曜日・日曜日・祝日に学校における部活動、模擬試験、各種検定などの教育活動(校外を含む)が予定されている場合も、上記の警報が発令された場合は、その日の全ての教育活動は中止とする。

 

5 自宅から本校までの通学経路の自治体において、「避難準備」以上の避難情報が発令されている場合、それに該当する生徒は自宅待機とし、必要に応じて在住地域の実情に即した適切な避難行動を取ること。また、登校後、避難情報が発令された場合は、状況を判断してその都度指示する。

 

第2条 登校後において、南予地方に「暴風警報」「暴風雪警報」または「特別警報」が発令された場合は、生徒はすみやかに下校する。すみやかに下校するには危険な状況と判断される場合は、学校でしばらく待機する。

 

第3条 JR、バス、船等、公共交通機関を利用している生徒は、登校前において公共交通機関が運休している場合は、登校準備をして自宅で待機する。

 

2 10時までに公共交通機関が復旧した場合は、授業の準備をし、安全に十分留意して登校する。

 

3 10時までに公共交通機関が復旧しない場合は、自宅で学習する。

 

第4条 出欠について

 

2 「自宅待機」の後登校した場合は、それまでの授業については公欠扱いとする。ただし、自己都合により登校が遅れた部分については公欠としない。

 

3 「臨時休業」の場合は出席しなければならない日数から除く。

 

第5条 その他の警報・注意報が発令された場合、生徒は、安全に十分留意して登校する。また、地方自治体の対策本部からの指示・命令があった場合は、それに従って行動する。

 

第6条 大地震の発生、津波警報が発令された場合も、第1条~第4条に準ずる。

 

第7条 以上を原則として対応する。

 

【平成30年 8 月31日一部改正】