水のCOD(化学的酸素要求量)測定 【水産増殖科2年 総合実習】

私たち水産増殖科2年生は水のCOD測定を行いました。

COD(化学的酸素要求量)は、水中の有機物や還元性物質の量により変化するので、水質汚濁の程度を比較的簡便に表す指標とされています。今回の測定は、アルカリ性過マンガン酸カリウム―ヨウ素滴定法という手法で行いました。

 生徒の手元に注目してください。こちらは滴定という操作をしているところです。試水の色が青紫色から透明に変われば終点です。

私たちはこれら実習を通じて、地域の自然や生物から水産業について学びを深めていきたいと思います。